血糖値を下げる食品|食生活を改善しよう!

サプリ

運動不足で高血糖

フラワー

糖尿病からさらに悪化

血糖値が高い状態のことを高血糖といい、糖尿病がその症状の病名になります。血糖を下げるためのインスリンが少ないなどの理由で血糖を細胞に取り込むことができなくなるのです。この状態が長く続くと全身の血管が損傷を受け、脳卒中や心筋梗塞などの合併症を引き起こします。血液検査の結果で数値が70〜110mg/dlであれば正常値ですが、180mg/dl以上であれば糖尿病の疑いがかなり高いです。遺伝が原因で高血糖になる場合もあり、両親がともに糖尿病の場合、50%の確率で65歳までに糖尿病を発症するそうです。脂分が多い食事を長期間とり続ける生活でも高血糖になります。そして、運動不足によって血液中の余分な糖を体中に行き渡らせる機能が低下して血糖値を下げることが困難になる場合もあります。

現代人はなりやすい

運動不足によってインスリンが効きにくくなる症状のことをインスリン抵抗症候群といいます。運動不足で筋肉量が少ないと血液中の糖を取り込む容量が少なくなります。また体が肥満して肥大化した脂肪細胞から分泌される遊離脂肪酸が、インスリンの血糖値を下げる効果を低下させるからです。高血糖の方のほとんどがこの症候群です。では血糖値を下げるにはどのような運動をすればいいでしょうか。体内の脂肪を燃やすにはたくさんの酸素が必要になるので、有酸素運動を行うのが効果的です。血液中のブドウ糖を消費するため血糖値の上昇を防ぐことができます。食後30〜60分後、食べたものがお腹でこなれたころにジョギングやウォーキングなどの軽い運動を30分程度行いましょう。これを週に3〜5日、無理をしないように続けます。これにより血糖値の変動の起伏も少なくなります。